怖くない写真販売

存外、稼げると評判なのが自分の写真です。
スマホを使ってパシャパシャと写真とか動画をよく取っていませんか?
すでに携帯電話などでカメラ機能が付いてからかなりの年数が経っていますから、だいぶ操作などに慣れている人も多いですね。
そんなスマホで撮った写真などは売れる可能性があります。稼げる可能性が秘めている物品となっています。
但し、注意するべきことがあります。それはあなたの写真を売ってくださいといったようなことです。必ずしもそれが詐欺なのであるわけではないのですが、詐欺などに使われる可能性はあります。女性などであれば出会い系のサクラの顔写真などに使われたりすることがありますから、写真とか動画を売ると言っても自分の顔写真というのは詐欺に使われたりすると怖いので避けるようにしましょう。
写真を登録して、それを見た人が買うタイプのサイトがあります。
そもそもどうしてそんな写真なんかを買いたがる人がいるのかということですが宣伝広告とか様々な動画の素材などに使いたいというような人はたくさんいます。
どんなサイトが評判で使いやすいのかは結構はっきりしていてSnapmartとかShutterstockなどがお勧め。マホなどで撮影したフォトをそのままユーザーが直接販売できるサービスなので極めて使いやすい。写真サイズを選んだり、出品の枚数とか応募回数とか登録した情報の量などによってユーザーのランクが決まるのでそれによって報酬のパーセンテージも変わるのが面白い。
とにかく何でも売れるわけでなく、シチュを考えて写真がやはりよく売れています。
この人はよくよい写真を出してくれると評判になったりする事もあって、ファンが付くことも期待できちゃうわけです。
ちなみに前述では顔写真は売らないほうがよいとは書きましたが、それはしっかりとした販売サイトを通さずには、という意味であり、自分の顔も含めた全体の構図で何かを示している写真なんかはよく売れる可能性があったりしますね。
わかりやすくいいますと名刺交換をしている写真とか犬と戯れている写真とか特定のシチュの写真なんかは意外と売れるんですね。これはそうしたシチュの説明とかブログ、動画素材なんかに使いたいという人があるからですね。
ニッチではあるがそこそこ需要があるシチュの写真なんかを提供できると評判になって、よく買ってくれる人が増えていく。
それを狙うべきでしょうね。どんな写真でもよいわけではないんです。

SNSでもご購読できます。